環境を救う再生可能エネルギーとアーティスト達! Ap bankファンサイト!

太陽エネルギー

 太陽エネルギーによる発電は一般的にソーラーパネルによるものだと考えられがちですが、その中にはいくつもの方法があったりします。たとえば通常の太陽光発電に加えて今は太陽熱発電というものもありますし、また最近では宇宙太陽光発電などというものも開発段階に入っています。既に無線送電システムがある程度完成しているため、宇宙の人工衛星で発電したものを地球に無線で送信すること自体は可能になっており、今後はそういった地球の環境に左右されないような発電方法がとられていくのかも知れません。

地球上でのエネルギーの流れ

 太陽から放射されたエネルギーのうち、地球に照射されている光エネルギーは、ワット数にして約174PW(ペタワット)である。大気等による反射や吸収を受けつつ、そのうち約半分が地表に到達する。このエネルギーは大気や地表、海洋を暖め、暫く熱などの形で大気圏内に留まる。最終的には、赤外線などとしてすべて宇宙へ再放射される。(地球温暖化は、このエネルギー収支の均衡が崩れる現象である。)

 大気圏内に到達した太陽エネルギーは、大気や水の循環を発生させ、植物の光合成などを通じて多くの生命活動の源となる。また、下記のような直接利用のみならず、風力やバイオマスなど多くの再生可能エネルギーの源となる。

フェス行こうフェス!

太陽光発電

 太陽光発電は、太陽電池を用いて発電する方式です。メンテナンスがほぼ不要であり、使う規模や形態を選ばないなどのメリットがあります。その一方で、太陽光がなければ発電しないため、夜間の電力を賄う場合は蓄電装置を必要とする。開発初期は非常に高価であり、主に人工衛星や灯台などで用いられていたが、普及するに従って価格が低減し、民生の電力用途にも普及が進められている。

 将来の可能性としては、衛星軌道上からマイクロ波やレーザー光の形で地上にエネルギーを送って発電する、宇宙太陽光発電も研究進められているそうです。そうなると、ほぼ24時間の発電が可能となりますが、技術的課題もまだまだ多いため、いまだ実用化には至っておりません。

太陽熱発電

 太陽熱発電は、集熱器を用いて太陽光を熱に変換し、熱せられた空気や蒸気を用いてタービンを回して発電する方式である。大規模になるほど、また直射日光が多い地域ほど効率よく発電できるため、日射量が多く、広い設置面積が取れる乾燥地域などで用いられる。 鏡を用いて集光し、蒸気を発生させてタービンを回す、トラフ式やタワー式の太陽熱発電が実用化されている。 また空気を大量に加熱して煙突状の構造内へと誘導し、上昇流でタービンを回して発電するソーラーアップドラフトタワーも開発が進められている。

太陽光発電が気になるあなたへ

やまもと整骨院では、交通事故治療に際し、事前のヒアリング・カウンセリングをおこないます。お聞きした内容を元に、症状に合った治療方針をスタッフ間で共有し、むちうち(京都)治療にあたっていきます。

宇宙太陽光発電

 宇宙太陽光発電(うちゅうたいようこうはつでん)とはは文字通り宇宙で発電し、地球へと送電するという仕組みで、このような発電の仕組みは発電システムはSSPSと呼ばれています。宇宙太陽光発電システム(Space Solar Power System)との略というわけです。ちなみに宇宙から地球までの送電はマイクロ波を行っていることが多いため、一部の人達はマイクロ波発電だと思っているところもあります。